Business Training

ビジネス機能の再定義と本質的理解
複雑性の高い技術領域を純度の高い抽象化によって、
シンプルに腑に落ちる時間。知識よりも検証と体験を重視する。

 

2000年代以降、

世界経済は急速にグローバル化が進み、
市場は急激な変化を遂げています。

変化は日本においても進んでいて、

それまで安泰といわれていた
大企業の倒産も目立つようになっています。

 

従来の「強いビジネス」の定義は、
「スケール」することのみであり、
現在は、それこそが足枷になっていく時代です。

 

それにともなって、
勝ち筋だと考えられてきた
必要なビジネススキルの要件も
大きく変化がおきています。

 

めまぐるしく変化し、
先が予測できないビジネス環境。

 

VUCA時代に突入している現代。

 

Volatility(変動性)

Uncertainty(不確実性)

Complexity(複雑性)

Ambiguity(曖昧性)

 

この時代においては、

 

『過去のパラダイムは、無価値化される。
そして、未来の足枷になる。』

 

そのため、従来は価値があった
以下の3つが無価値になると考えています。

 

1.経験の無価値化

経験豊富という要件を無条件に
ポジティブに捉えることができない。

2.予測の無価値化

計画に時間をかけ、計画を実直に実行する
行動様式は極めてリスクが高い。

3.最適化の無価値化

どこかの時点での環境に高度な最適化をすれば、
次の瞬間に時代遅れ。

これらを踏まえて、 この時代にこそ、
学ぶべきビジネス機能の再定義、
新しいものの見方、発想法を
圧倒的に効果的かつ効率的に提供するのが、
わたしたちのビジネストレーニングです。